【三輪ベビーカー レビュー】アップリカ スムーヴを1年使ってみた感想。パンクも経験したよ!

こんにちは。

息子の靴下探しの旅をしました、てるこまです。

靴下って、どうして黙っていなくなるのかしら。

さて先日、我が家のベビーカー、アップリカのスムーヴがパンクしました。

タイヤ自体は直ぐに交換できて、今も愛用しておりますが、使い始めてちょうど一年ほど経過。

改めて思うことは、『私ってこのベビーカーほんと好きだな』ということです。

加えて、周りから『三輪ってどうなの?』と聞かれることが多いので、使用感や今回のパンクのことなどまとめたいと思います。

今回も張り切って長いです!

息子の愛車 Aprica SMOOOVE familiarモデル

まずは愛車をご紹介。

【Aprica SMOOOVE familiarモデル】です。

 

三輪ベビーカーで有名なアップリカのスムーヴ。企画はそのままに、familiarとデザインをコラボしたモデルです。

ベースカラーの紺色に赤いホイールがアクセントとなり、パイピングにはfamiliarのオリジナルチェック。

とにかく可愛いところが好き。

彼氏の好きなところを聞かれて、『かっこいいところ』と応える脳内お花畑女子のような答えで申し訳ないですが、私がこのベビーカーで1番好きなのは可愛いところ。

そもそも私は、ベビーカーに対してファッションアイテムのように捉えている節があり、キャサリン妃が乳母車を押している写真を見ては『いいなぁー』と思っているタイプ。

角ばらないドーム型のような大きくて丸いサンシェード、色は上品なカラーが好みだけど渋すぎるのはつまらない。

どちらかというと、スタイリッシュなデザインが多い三輪タイプのベビーカーを初期から狙っていました。

そして、見つけたのです(入院していたので、親が提案してくれました)。

ネイビーに赤を効かせるなんて。

ファミちゃんがひょっこり出てくるなんて。

わかってらっしゃる。

何度familiarさんにハートを撃ち抜かれるの、私。

スムーヴは実際使ってみると、もちろん機能的にも素晴らしいベビーカーですが、でもやっぱり自分好みのルックスのベビーカーを購入して本当に良かったと思っています。

ルックスなんて自己満足以外の何者でもありませんが、毎日楽しく過ごす為に、実は結構大きなポイントじゃありませんか?

我が家はマンションの3階で、駅から徒歩15分、自家用車もあるけれど、息子とのお出かけのほとんどが、ベビーカー。

ほとんど毎日使っているのにふと、やっぱり可愛いなぁと思う。見た目にこだわって良かった。小さい幸せだと噛み締めてます。

他にもあるよ!スムーヴの好きなところ

うちのベビーカーの好きなところ、可愛いところ。終わり。まる。

…では、ありません。(これではただのfamiliar狂っていうか、主観の押し付け。)

スムーヴは、とても扱い易く機能的なベビーカーです。

機能面の使用感もご紹介します。

走行性

スムーヴって、SMOOOVEですから。3つ並んだOから漂う、スムーズ感。

実際走らせても、スーーー…って。スーーーーー……って。

真面目な話、ほんとにガタつきが少ない。さすが、肉厚なエアタイヤです。

子育てサロンの駐輪場には砂利が撒いてあるのですが、四輪ベビーカーの友達は、ベビーカーもろともお子さんもガッタガタしています。

お尻からバインバイン跳ねてしまうので駐輪場では乗せずに、お子さんを抱っこしたまま、ベビーカーを移動させて、舗装された道に出てから乗せていました。

対してスムーヴ。

スーーーーーっとは行かないけど、ズズズズズくらい。ガタガタしない。

砂利道なので多少の上下はありますが、息子はベビーカー内で跳ねたりすることなく、乗っています。

同じく歩道の段差も、なんなくクリア。

また、前輪が1つなので小回りが利き、公園の入り口などにある入り組んだ柵も、スイスイ通過できます。

駅のエレベーターに前進で入っていって、そのまま中で方向転換、降りるときも前進で出てくることが可能です。

片手で畳めて、自立もします

ベビーカーでのお出かけ中、突如として、畳まなくてはならない場面に出くわすことがあります。

小児科が混んでいたとか、うっかりエレベーターがない出口だったとか。

ベビーカーを畳む時に最も厄介なのが息子の存在。荷物は床置きできても、息子はあらぬ方向へてくてく歩いて行くでしょう。

当然彼を抱っこしながらベビーカーを畳むことになりますが、スムーヴはシート下の取っ手を引っ張ればパタンと閉じて、自動でロックもかかる。

自立もするので、駐輪場が混んでいる時は大助かりです。

ただ、自立もには後述のコツが必要なので注意。

シートが賢く月齢も季節も問わず使える

スムーヴのシートの特徴は、フルフラットになることと、ハイシートであるということ。

新生児期から使えるということで、フルフラットに魅力を感じたのですが、結果的にハイシートの方が心底良い機能だと思っています。

ハイシートというのは、座面が通常よりも高く、地熱の影響を受けにくいのです。

暑い時期に抱っこ紐は地獄。少しでもベビーカーが快適だといいですよね。

実は私たち、てるこま165センチ、夫は180センチ超えと高身長な夫婦。息子を乗り降りさせる際に、シートが高い方が腰への負担が全然違います。

これは、息子が重くなるにつれてより実感しています。

気になるところ

9キロ超えのスムーヴ。

巷ではその重さがネックになっているようですが、私にとって重量は無問題。

マンションにはスロープもエレベーターもありますし、利用する駅のほとんどにエレベーターもあるので、持ち上げることはほとんどといってない状態です。

世間一般で囁かれている欠点すら何も思わないくらいスムーヴを愛している私。

ですが、そんな私にも1つだけ気になる点が。

それは、畳む前に少しでもだけバックしないと自立しないということ

スムーヴは、畳んだ時に3つのタイヤでバランスをとって自立するのです。

それが、前進のままだと、前輪が本体の下に入り込んでいて、畳んだ時にタイヤが立たない。

だからバックして、前輪を出してあげてから畳みます。

写真左が、前輪が入り込んでいる様子。右がバック後です。

バックといっても、ほんの三十センチも動けば畳める状態になるのですが、ほかの機能が素晴らしいだけに、無性に引っかかる。

パンクについて

スムーヴを使い始めてちょうど1年経った頃、左側後輪のパンクを経験しました。

釘やガラスを踏んだのではなく、原因は摩耗。

メーカーが月1回の空気補充を推奨しているのに、サボった結果、タイヤの張りがなくなり、地面との接地面も増えたことが大きな要因かなと思います。

(空気入れたこと3回くらいしかなかった)

すぐにメーカーに問い合わせしたところ、タイヤを代引きで送ってくれることに

改めてチェックすると、右の後輪の摩耗も進んでいたので、2つセットで注文。

送料・代引き手数料込みで4,500円くらいでした。

なのでタイヤ1個自体の値段は1,500円くらいかな?

因みに発送元は奈良県で、関東在住です。日数も注文から中1日で届きました。

作業自体はとっても簡単で、タイヤ付近のボタンを押して古いタイヤを外す。

新しいタイヤを差し込む、という工具もいらない簡単2ステップ。女性の力でもOK。

新しいタイヤになった途端、あまりの走行性の良さに感動!やっぱりタイヤの摩耗は車体の動きに出ますね。

後輪はとくに息子の重さや荷物の重さが、ズンとかかる箇所。今後はメンテナンスちゃんとしよう。

2017年秋発売の最新モデルはパンクレスタイヤ

昨年の秋に公式からデビューした最新モデルは、他の機能は変わらず、パンクレスタイヤになりました。

我が家のスムーヴは空気を入れるエアタイヤなのに対し、ゴムが全体に詰まっているタイヤ。パンクしないし、空気入れのメンテナンスも不要。

先日のパンクの際に、高くてもいいからそのタイヤに交換したかったけど、残念ながら構造上無理とのことでした。

とっても残念。対応してほしかったなー!

反面、スムーヴの型落ち版はお安くなってきておりますので、メンテナンスが必要でも安く三輪ベビーカーが欲しい方にはいいのかもしれません。

パンクレスタイヤは、楽なことがメリットであり、エアタイヤが危険というわけではありませんからね。

私のようにほとんど毎日1時間は走らせて、年に空気補充3回で1年保った例もありますし…。

お気に入りの1台に出会えますように

ベビーカーって、使う時期は限定的でも、その間は本当にめちゃくちゃ使いまくります。

安全性は言わずもがなですが、毎日使うものであるからこそ、お気に入りのものを選びましょう。

『三輪に慣れていてもはや何も思はないけど、四輪にしておけば良かったと思ったことはない。』とは、夫の談ですが、スムーヴのfamiliarモデルはなかなかの高額なお買い物でした。

でも、便利だし操作下手な私でもスイスイ動ける。

たまに四輪のベビーカーを扱うと、小回りの効かなさにイラッとしてしまう。

なんなら、スーパーのカートも扱い難く感じる。

そして何より、使っていて気分が上がる。

1年これだけ走らせて色んな所に行って、特に休日は夫と3人でお散歩を楽しんで十分元は取ったなと思っています。

三輪ベビーカーにご興味ある方の参考になれば、幸いです。

本日も、最後までお読みいただきありがとうございました。

最後に…

出かけにマンションのエントランスで写真を撮って、子育てサロンに行ったのですが、サロンの入り口で息子が靴下を履いていないことに気付きました。

結局、マンションの前まで引き返したところに落ちてた。気付かない自分、不思議すぎる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする