夜間断乳 思いがけない余波。息子に起きたもう一つの変化のはなし

こんにちは。

前回で一度終了した夜間断乳のレポ記事。

昨日、私的に大変ショッキングな変化があったので追記します。

産まれたときからのチャームポイント

息子は産まれたときから右頬にえくぼがあり、それがチャームポイント。

写真は2ヶ月の頃です。ハートの部分に、ももクロの百田夏菜子ちゃんのような、はっきりきゅっ!と深いえくぼがあります。

親バカな話しですが、これが可愛いなぁと思っておりまして。

息子がニコニコしては、えくぼって可愛いな、えくぼがあって良かったなと思っておりました。

そんなえくぼ。ママの大好きなえくぼ。

突如、消失しました。断乳で。

昨日息子の笑顔を間近で見ていて、なくなっていることに気がついたのです。

もう、びっくりして何度も何度も見直して、息子が笑顔になるたびに覗き込む母。

とんだ言いがかりのようですが、ほんのつい先日までは確かにあったのです。

写真を遡ると1歳1ヶ月の時点では、確実にある…。

ちょっと写真ではわかりにくいですが、あります。

1歳2ヶ月なった日から始めた断乳。

考えてみれば、そこに思い当たる節がありました。

断乳を機に食生活に変化が。

もうお気づきでしょうが、断乳後、急に食が太くなった息子。

三食完食することも珍しくなく、おやつもむしゃり。

痩せ気味だった息子ですが、たった2週間でなかなかのポンポンお腹さんです。

ポンポンお腹の人は、パンパンお顔に。

結果、えくぼ埋没。

なくなってるーーー!えくぼのあったとこ、ぷりっとしてる。

えくぼって、太って無くなるんですか?

おどろき。

歯が生えたり、成長の過程で無くなることもあるのかもとは思っていましたが、太って無くなるだなんて…。

痩せたらまたできるんだろうか。

「あ。えくぼなくなってるから、甘いもの控えよう。」by30年後のてるちび

健康のバロメーターになったりするんだろうか。

成長って嬉しくて寂しい

変な想像はここまでにしまして。

子供の成長って心から喜ばしいのに、それとセットでやってくる寂しさ。

ねんね期は今だけ、ハイハイは今だけ。大事にしたいと思っても成長は待った無しで、歩き始めた息子はもうねんねには戻らない。

正にグローイング・アップップ。

ご飯のイスって、母親のこと指してるんじゃいかってくらい、イスに共感。

でも、そんな寂しさをよそに逞しく成長する息子が愛おしく、今日の笑顔が一番で、可愛いが毎日上書きされる幸せ。

えくぼを探して顔を覗き込む私が面白くて、爆笑の息子がめっちゃ可愛くて、必要以上に覗き込んでいた私でした。

結局、のろけのような中身のないブログでしたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする