耳鼻科で子供の耳掃除をしてもらったはなし。ホームケアについてもご紹介。

こんにちは。

ラッシュガードを探し始めた、てるこまです。

先日、とーっても気持ちの良い体験をしました。

それは耳掃除

正確には息子が耳を綺麗にしてもらうところを見ていたのですが、実に爽快。

お医者さんによる耳掃除、おすすめです。

※耳掃除という、あまり綺麗ではないおはなしです。そういう表現が苦手な方はご注意ください。写真はないですからご安心くださいね。

怖くて耳掃除をしてあげられない母

産後すぐに、赤ちゃん用の細ーい綿棒を用意したのですが、用途は主に鼻。

鼻が詰まった時やゴミをぴょいっと取り去るように使っていました。

何故耳掃除に使用しなかったのかというと、怖いから

これに尽きます。

耳の穴って、鼻の穴に比べると一回りくらい小さいし、鼻に比べて暗くて本当によく見えない。

大人の耳だって薄暗くて見えないのに、乳幼児の耳なんて輪をかけて暗くて小さい。

過去に夫の耳掃除をしていた際に行きすぎて流血沙汰にしてしまった私のような人間が、息子の耳をほじほじするなんて。

あの時まだ彼氏だった夫は、膝を抱えて痛みに耐えていたっけ。

(その横で、鼓膜じゃない!鼓膜じゃないの!と必死に弁解する自分←静かにして。)

そんな前科者の私が、大切な大切な息子の耳をいじるなんて。

それからそれから、祖父がセルフ耳掃除のし過ぎで耳垢をどんどん耳の奥に押し込んでしまった結果、定期的にやってくる難聴。

耳鼻科のお世話になっているのをよく目撃しました。

そんな諸々のエピソードにより、私にとって耳は、素人が気軽に触ってはいけないパーツになりました。

それこそ息子がまだ生まれたばかりの頃、お風呂上がりに綿棒で水気を除去したりしていましたが、耳掃除をしたことは皆無。

動き回るようになってからは、お風呂上がりにガーゼで耳全体を拭くくらいしかしていません。

しかし息子ももう1歳になり、彼の耳の中がどうなっているのか気になり始めました。

汚れが溜まりに溜まっていたらどうしよう。1年でどれくらいの汚れが溜まるのだろうか。

耳を触れない私は、こんな時こそ、耳の専門家に相談してみることにしました。

近所の耳鼻咽喉科に行ってみた

以前に一度、自分が罹ったことのある個人病院です。

先生は中年の男性で、事務的な感じ。比較的空いていて、スタッフの皆さんもとてもスムーズに対応してくれます。

しかし、残念なことに今回は待合室はぎっしり。

おそらく花粉症のトップシーズンであることが影響したのでしょう。

キッズスペースで機嫌よく遊ぶ息子。

場所が場所だけに、おもちゃと戯れるのは気になりますが、機嫌の方が大事。菌が〜とか言ってられない。

そわそわしながら1時間ほど待って、順番が回ってきました。

受付時に耳掃除で来た旨を伝えていたので、直ぐに診察台に息子を寝かせるように指示がありました。

思わず凝視!見ているだけですっきり

息子は診察台に寝かせられるのが大嫌い。

寝かせるなり泣いて嫌がりましたが、私が腕・看護師さんが足、頭は先生が押さえました。

先生が小さな漏斗のようなものを息子の耳に差し込み、細長ーい綿棒を構えたとき、

『お母さんはこちらご覧くださいねー。』

と言われました。

支持された方を見ると、モニターに息子の耳の中が映し出されているではありませんか。

キラキラした繊毛に覆われた耳の壁。

中心には細くくらい箇所があり、これが普段見えない耳の穴の深部なのでしょう。

その箇所を先生が綿棒でこしょこしょすると、耳の奥からするするとゴミが姿を現しました。

綿棒の先端には、粘度のあるジェル?のようなものがついていて、それで優しく掻き出している様子。

綿棒によって、次々とゴミが導き出される様はとっても気持ちがいい。

思わずモニターに見入ってしまい、息子を押さえることを忘れてしまいそうです。

そして、反対側の耳のへ。

『あ。大きいのいたね〜。』

やはり、先生も取り甲斐のある大物の存在は嬉しいのでしょうか。

大物は直ぐに除去され、小物も後に続きます。

はぁ〜…。

なにこれ好き。

気持ちよすぎる。

汚いものが除去されていく様は、ぞわぞわ気持ち良い。

(鼻水吸引も好き)

ふと、それにしても、と思うことが。

それにしても先生、子どもの頭押さえるのうまいなぁ〜。(←そこ?)

特別力を入れている風ではないのに、息子の頭、ビクともしない。

以前、眼科に連れて行った時はおじいちゃん先生で(この前の女医さんじゃない…!←再診で行った)、もぉ〜嫌がって嫌がって。暴れて暴れて。ビチビチで。

おじいちゃんも息子の頭を押さえるために必死なものですから、更に怒って泣いて騒いで眼を診察するどころじゃない。

最終的に、おじいちゃんは顔を真っ赤にしてぷるぷるしながら診てくれましたが、頭を押さえている手のあまりの力の入りように、大泉門閉じちゃったんじゃないかと心配しました。

今回も息子は泣いているけれど、本当にビクともしない。きっと、ポイントを突いているのでしょうね。

あの時、眼科の看護師さんが、

『今日の先生は、子どもの診察に慣れていないので、次からは子どもに慣れている先生の曜日をお勧めします。』

と教えてくれたのですが、小児科以外の科にかかるときこそ、子どもの受診について確認するべきなんだなと思いました。

眼科の先生には嫌な思いをさせ、息子には必要以上に怖い思いをさせてしまって申し訳なかったです。反省。

話しは耳鼻科にもどして、親切にも先生が、息子の身体の押さえ方についてアドバイスしてくれましたが、息子の泣き声であまり聞こえなかった…

寝かせた時は、手首ごと胴体押さえて』というのは、聞き取れました。

次回からは手首ごと胴体も押さえます。

頭の押さえ方も知りたかったな。

耳鼻科医に聞いたホームケア

先生の、

『綺麗になりましたよー。耳自体も健康ですね。』

という声と共に処置は終了。

左右合わせて3分もしないくらいで終わりました。

因みに保険適応でしたので、息子は市の助成があり、無料。

自宅でのお手入れを質問してみたところ、

  • 気付いた時にガーゼなどで外耳を拭う程度でOK
  • 耳の中の掃除は半年〜1年に1回、病院でやってもらう方が良い

とのことでした。

家でもほじほじしてあげてくださいと言われなくて良かった…。

見えないところのケアこそ、専門家の力を借りる方がベター

今回初めて息子を耳鼻科に連れて行きましたが、先生の処置が的確で見ていて怖いところもなく、それどころかものすごくスッキリしました。

処置中にモニターに映し出されていた箇所は耳の奥なのでしょうか。

いずれにしても、よく見えないところを素人が引っ掻き回すことは不具合のもとですから、今後も定期的に通おうと思います。

そして、次回は夫に連れて行ってもらってはどうかと思っています。

あのスッキリ感、彼も喜ぶに違いないでしょう。

一瞬、私もやって貰いたい気がしましたが、お医者さんでも他人に耳の中を見られるのは恥ずかしすぎるのでやめました。

この人よくこれで、耳聞こえてたな…とか思われたら、恥ずかしすぎる。

向こうはプロなのでいちいち気にしないとは思いますが。私は気にしいなのです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

最後に…

急に日差しが強くなったこの頃、UV対策としてラッシュガードを探しています。私のと息子のです。

お勧めがあれば是非教えてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする